トップ > 導入前のご質問

導入前のご質問

導入前に想定される質問と回答です。

>> 次へ

その1

・人材営業
Q.私は段取りを作ったり、計画を作ることが苦手なのですが、克服できますか?
A.TodoSpecは、段取りを作ることを強力に支援し、スムーズな計画を組むための頭を作り上げる支援をします。 現実的な段取り、スケジュールを組むには、日々のTodo意識、時間管理意識が非常に重要であり、TodoSpecがそれをバックアップします。
・誰もが知っている企業の敏腕マネージャー
Q.私は週に100以上のTodoを管理しており、それらの詳細も正確に把握しています。今は特にツールを使っておらず、頭だけで管理していますが、このツールを使うメリットはありますか?私は、今の倍以上に増えても多分大丈夫です。
A.ないと思います。全てのTodoを漏れなく頭で管理して、特に忘れることがなく的確に思い出せれば、特にこのツールを使う必要はありません。ただ、Todoをシステムに任せることで、頭に余裕ができ、新たなチャレンジができるかもしれません。

・だめだめマネージャー
Q.僕はとくにかくやることを忘れ、部下からの接し方も最近冷たく感じます。どうすればいいでしょうか?
A.こんな時はTodoSpecが大活躍です。TodoSpecは予定を合理的に管理する仕組みが整っています。あなたは、やらないといけないリストを入力するだけで、突然、だめだめマネージャーからある程度なマネージャーに生まれ変わるかもしれません。
・会社役員
Q.つい先日、出資者に提示した資料の中で回答漏れがあり、恥をかきました。振り返ってみれば、もう少し細かい単位で、内容を管理していればよかったと反省しています。この問題をTodoSpecで解決できると思いますか?
A.はい、可能と思われます。細かくしすぎて内容が多くなり、管理が難しくなるということは基本的にありません。予定を詳細化することは、目標達成を強力に支援してくれると思います。
・プリンタ販売会社の営業アシスタント
Q.とにかく、営業マンからの細かな要望が多く困っています。要望はドンドンきて沢山あるのに、少しでも忘れると、怒られて仕事にウンザリする時も多々あります。やっぱり私は仕事を変えた方がいいんですかね・・・。
A.辞めること考える前にTodoSpecを使ってみてください。細かな要望もとりあえず記録すれば、忘れることはありません。記録した内容は一覧で表示されるので、大変便利です。忘れる恐怖から脱出できますので、コミュニケーションも良くなると思います。

・とある中小企業の社長
Q.とにかく予定が多くて予定やTodoはほとんど人任せ。ただ、最近、部下のさまざまな期限破りが発覚し、自分で社員の予定を管理したいと思いはじめました。でも恥ずかしながら今までそんなことをやったことがありません。一体私はどうすればいいでしょうか?
A.敏腕マネージャーを採用する必要はありません。この問題は、TodoSpecが解決できるかもしれません。社長さんは社員のモチベーションを上げることに注力できます。

・予定は全部 手帳派
Q.PCに予定を入れるのって、あまりなれないんだよね。面倒だし、手帳でいいんじゃないの?
A.手帳での管理には限界があると思います。例えば、期限が設定されている予定が何個かあって、予定変更があったものなら、変更修正が大変です。また、時間や条件を指定して一覧を出す機能は手帳にはないかと思います。もちろん、完全な手帳の代わりをするわけではなく、あくまで、いつまでに何をしないといけないのかという観点で、失念ミスをなくし、スムーズに処理するための補完的なポジションとしてTodoSpecは使えます。
・とある大学生
Q.重要な課題の期限を逃しました。TodoSpecがあればどうにかなると思ったのですが、やはりそうですよね?
A.それは違うと思います。TodoSpecは予定が非常に少ない状態ではあまり効果を発揮できません。そもそも、課題を前もってやっていなかったのが原因ではないでしょうか。
・ショップ店長
Q.やることは今までノートに書いていましたが、PCで管理したいと思います。ただ、うちのお店の情報がインターネットに登録されるのって・・・、ハッキングされたらどうするんですか?
A.TodoSpecではインターネット上に情報を登録せずに、全てお手元のPC上にデータを保存します。そのため、一般的なウィルス対策やスパイウェア対策をしていれば、セキュリティ的には安全です。

機能FAQ

機能FAQをご紹介

おすすめリンク



ページ内検索

 

Todo管理ツール

TodoSpecは、予定、Todo、スケジュールからTodoリストを作り、より効率的にタスク管理するTodo管理、ソフトです。 マネージメント、管理業務のみならず、個人単位でさまざまな予定に利用できるツールです。失念ミスを抑え、タイムマネージメント(時間管理)、段取り力を向上する支援をします。 本ソフトは無料でダウンロード、利用できます(フリーソフト)。Web接続なしでTodoを管理可能。